一番低い金利状況で交渉

一番低い金利状況で交渉

それでは実際に住宅ローン金利の引き下げ交渉の仕方を説明します。まずは他社で一番低い住宅ローン金利を見つけましょう。今ではネット銀行はかなり下げている傾向があり、ほかの住宅ローン金利の水準を見てから下げる所も出ています。しかし、ネット銀行は交渉の対象外と言われると困りますから、ネット銀行と普通の銀行で最低基準の金利を調べてみましょう。コレで交渉に必要な情報は揃いました。後は今利用している住宅ローン会社に電話をして、金利の引き下げ交渉を行なうのみです。来店する必要は特に無く、借り換えするという宣言は電話でも行なう事が出来るのです。時間があれば来店しても良いのですが、上手く相手のペースに乗せられないよう電話のほうがよいかもしれません。
電話をしたら借り換えを行いたい事を告げます。他社の住宅ローン金利のほうが低く、借り換えしたほうがお得と言うことを主張します。そのときに、もし金利を下げてくれるなら借り換えは止めることも言いましょう。するとスムーズに金利交渉が進み、上司と連絡を取った上で正式な金利交渉をしてきます。住宅ローンは借り換えをする人は多いのですが、金利の引き下げ交渉をする人の割合はそれ程多く無いため、スムーズに進められる可能性が高いです。