結果的にどのくらいお得なのか

結果的にどのくらいお得なのか

結果的には住宅ローンの金利引き下げを行った場合、どのくらいのお得になるのでしょうか。借り換えをする場合は住宅ローンが長期間残っているほうがお得と言われていますが、金利の引き下げ交渉も同様で早めに対処したほうが良いでしょう。最初は住宅メーカーに進められるがままにローンを利用したが、そのローンは実は3年固定ローンで固定される期間が短く、その後は高額な金利になってしまう事もあるのです。3年で見直す人は意外と多く、早めに借り換えが良いのかまたは金利の引き下げ交渉が良いのかは検討しておくと良いでしょう。今利用している住宅ローン会社が引き下げの交渉に応じてくれないなら、いさぎよく金利が低いネット銀行に乗り換えればよい事です。こちら側は何も損する事は無いと思います。
実際にどのくらい引き下げが可能かは、その時期の住宅ローン水準によっても異なってきます。しかし、0.3%程度引き下げされただけでも、総額は100万円〜200万円と高い金額が節約に繋がる可能性があります。たった0.3%程度と思ってしまうと思いますが、支払総額で比較してみると意外と高く、お得だと言えるのです。残高が多ければ多いほど、長期に渡り金利が引き下げられるわけですから、よりお得になると言えるでしょう。